携帯やスマホで即日現金、ギフト券買取のソクフリ

ソクフリメニュー

携帯やスマホで即日現金、ギフト券買取のソクフリ

ギフト券買取専門|即日振込専門店の【ソクフリ】
電話電話でお問い合わせ【年中無休・24時間営業】06-6585-0365
ギフト券買取とは? お申し込み

バンドルカードなら携帯決済対応

バンドルカードなら携帯決済対応

バンドルカードは株式会社カンムが発行するVisaプリペイドカードです。スマホアプリから簡単に登録することができ、すぐにバーチャルカードを発行することができます。バンドルカードの利用には事前に使いたい金額をチャージしておく必要があります。クレジットカードと同じようにVisa加盟店で使うことができる上に、審査や年齢制限もなくだれでも最短5分程度で簡単に作ることができるのが最大の魅力です。手数料がかかってしまいますが300円~800円でリアルカードも発行することができ実店舗で利用する際はこのリアルカードが必要となります。

バンドルカードの特徴

なんといっても様々な携帯決済でチャージできる事が一番の魅力です。

  • バンドルカード
    →ドコモ払い(ドコモケータイ払い)でチャージ可能
  • dプリペイドカード
    →ドコモ払い(ドコモケータイ払い)でチャージ可能
  • auPAYプリペイドカード
    →auかんたん決済でチャージ可能
  • ソフトバンクカード
    →ソフトバンクまとめて支払いでチャージ

バンドルカードはVisaが使える店舗で支払いができるVisaプリペイドカードです。携帯決済でプリペイド残高をチャージできる事カードとなります。携帯決済でチャージした残高分、クレジットカードと同じ様に使う事ができ、アプリとして発行する事ができるので、最短5分程度で発行する事ができます。これがあれば、amazonなどのインターネット上でのクレジット決済も可能となります。

バンドルカードの仕様

バンドルカードの利用限度額・チャージ限度額
アプリ リアルカード
発行手数料 無料 300円
1回のチャージ限度額 3万円 10万円
月間のチャージ限度額 12万円 200万円
チャージ累計利用限度額 100万円 上限無し
残高限度額 10万円 100万円

アプリの発行手数料は無料となっておりますので、気軽に作成する事ができます。
また、バンドルカード(アプリ)の場合は月間のチャージ限度額や、チャージ累計利用限度額が設定されていますが、電話回線一つにつき一枚発行できますので、携帯電話を複数台お持ちの方は複数枚アプリ上で発行する事も可能となっています。

バンドルカードへのチャージ方法

バンドルカードはあくまでプリペイド式のクレジットカードですので、チャージして初めて使う事できます。
チャージ金額以上の決済にはご利用できませんので、あらかじめチャージ残高にご注意下さい。
バンドルカードにチャージする方法は以下になります。

  • ポチっとチャージ
  • d払い(キャリア決済)
  • コンビニ
  • 銀行ATM/ネット銀行
  • クレジットカード
  • ビットコイン
  • ギフトコード

バンドルカードの大きな特徴としては他にはない「ポチっとチャージ」があります。
チャージ金額を後払いにできるため手元にお金がなくてもスマホひとつで簡単にチャージすることができます。しかし、ポチっとチャージを利用する際はチャージ金額に応じて手数料がかかってしまいます。クレジットカードをお持ちでなくてもクレジットカードと同じように後払いで支払いできるため大変便利なチャージ方法ですが、手数料がどうしても高くなってしまうため実際にチャージした金額以上の支払いが発生してしまいます。それでも、後払い決済は大変便利ですので注意して利用しましょう。

※チャージ方法やチャージ金額によって手数料がかかる場合がありますのでご注意下さい。

ポチっとチャージ手数料

ポチっとチャージ手数料

チャージ金額 手数料
3,000円~1万円 510円
1万1000円~2万円 815円
2万1000円~3万円 1170円
3万1000円~4万円 1525円
4万1000円~5万円 1830円

d払いチャージ手数料

d払いチャージ手数料

チャージ金額 手数料
5000円以下 300円
6000円以上円 チャージ金額の6%

いずれも、手数料は安くないため後払いという大変便利なシステムをどのように捉えるか、がポイントではないでしょうか。ポチっとチャージ、d払い以外のチャージ方法であれば手数料はかかりませんので合わせて確認しておきましょう。

バンドルカードを使うメリットとは?

バンドルカードはどういった方におすすめできるカードなのでしょうか?

クレジットカードを持っていない・使いたくない

ネットショッピングを利用する際にお支払い方法としてコンビニ払いや代金引換など様々な方法がありますが、どれも手数料がかかってしまったり、商品を購入するたびに支払う必要があったり代金引換の場合は商品が届いたときに対面で受け取る必要もあります。クレジットカードで決済をすれば手数料もかかりませんし、大変便利です。しかし、クレジットカードを持っていない方や、持っていてもサイトに登録したくない等、様々な理由でお使いいただけない方もいらっしゃるかと思います。バンドルカードをお持ちであればクレジットカードと同じようにカード情報を登録しておき、決済時に残高があればそこから支払いが行われるため手間な手続きが一切ありません。

誰でもすぐに発行できる

クレジットカードを発行する場合、発行するまでに時間がかかってしまうほかにも、発行されるまでに審査があり誰でも作れるわけではありません。バンドルカードは審査もなく誰でも簡単に使うことができます。

VISA加盟店で利用できる

バンドルカードはVISAプリペイドカードのためVISA加盟店で利用することができます。リアルカードを発行すれば実店舗でも使えるようになります。

様々なチャージ方法に対応

先程ご説明したように、バンドルカードは様々なチャージ方法に対応しているため、ご自身にあった方法でチャージすることができます。

バンドルカード利用の注意点

初めてバンドルカードを登録する際に「このカードが使えるかどうか」を確認するために、1円を引き落とす確認作業があり「1円オーソリ」と言います。10000円の商品を購入するために金額分チャージをしても、確認作業で1円分引かれてしまうと、残高不足になって商品が購入できなくなってしまいます。こちらの1円オーソリは一時的に引かれてしまうため、時間が経つと戻ってくるのですが使いたいときに1円が足らず決済できなかった。ということを防ぐためにも余分にチャージしておくなどの対策が必要になります。当たり前ですが、一度チャージした金額を現金に戻すこともできません。

他にも、後払いのため翌月にお支払い方法(コンビニや銀行ATM)を選択して支払いを行う必要がありますが、支払い期日までにお金が用意できなかったり、支払いを忘れてしまうとペナルティとして利用規約に応じた処置が取られます。

バンドルカードの名義人欄ですが

通常インターネットショッピング等でクレジットカードをご利用する際、クレジット情報を入力し、名義人はご自身のお名前を入力します。

バンドルカードでは名義人は「VANDLE USER」となります。

ここでご自身のお名前を入れてしまうと認証が通らず、決済が完了できませんのでご注意下さい。

バンドルカードの利用停止

支払いが遅れてしまうとバンドルカードの利用停止となってしまいます。遅れてしまった後でも支払いを行えば利用停止は解除されますが、リアルタイムの反映ではないためバンドルカードが利用できるまで期間が空いてしまいます。

ポチっとチャージの減額

ポチっとチャージは利用年数や、支払いが滞ってないか等、様々な基準で利用限度額が設定されています。支払いが遅れてしまうと利用限度額が下がってしまう可能性があります。

d払いチャージならdカード・プリペイドがお得!?

ポチっとチャージは手元にお金がなくても後払いとして使うことができるため、手数料が高くても非常に魅力的なチャージ方法です。しかしバンドルカードにd払いでチャージをするのであれば、各携帯会社が独自で発行しているプリペイドカードをお使いいただくのが断然お得です。

d払いはドコモが提供している決済サービスで、ドコモでは「dカードプリペイド」というものを発行しています。バンドルカードの使い勝手は確かに良いのですがd払いのチャージ手数料が高いのがマイナス面となります。dカードプリペイドは手数料もかからない上に、カード残高の上限もバンドルカードよりも高く設定されています。バンドルカードのように即日発行することはできないため1~10日程かかってしまいますが、頻繁に使うのであればどこかのタイミングで作っておいて損はありません。バンドルカードはとても便利ですが使い方によっては他にお得な方法があるかもしれませんのでチェックしておきましょう。

バンドルカードはギフト券も購入可能?

現在Amazon公式で販売しているアマゾンギフト券はクレジットカードのみで購入する事ができます。アップル公式だとiTunesコードも購入ができるようです。バンドルカードに携帯決済でチャージする事で、アマゾンギフト券やiTunesコードを購入する事ができます。一時期は携帯決済でアマゾンギフト券Eメールタイプを直接買えた事がありましたが、現在は携帯決済から直接アマゾンギフト券Eメールタイプは購入できなくなっているようです。

しかしながらこのバンドルカードがあれば間接的に携帯決済でアマゾンギフト券やiTunesコードが購入できる事になります。

バンドルカードの発行方法

まずはAppStore又はGooglePlayからバンドルカードのアプリをインストール。

ios(apple製品)の方
バンドルカードアプリのダウンロード(Apple・ios)

androidの方
バンドルカードアプリのダウンロード(android)

ダウンロードが完了し、アプリのインストールが完了しましたら登録情報を設定していきます。
ban01
「はじめる」をタップ

ban02
ご自身のユーザーIDとパスワードを決めて入力し、「次へ」をタップ

ban03
生年月日、性別を選択し、「次へ」をタップ

ban04
携帯電話番号を入力し、「認証」をタップ

ban05
入力した携帯電話番号に間違いがない事を確認し、「OK」をタップすると、SMS(ショートメール)で認証番号が届きます。

ban06
SMSで届いた認証番号を入力し、「認証する」をタップ

ban08
利用規約を確認し、問題なければ同意するにチェックを入れ、「次へ」をタップ

ban09
「バンドルカードを無料発行」をタップ

ban10
「発行する」をタップ

ban11
発行中の画面となりますのでしばらくこのままお待ち下さい

ban12
発行完了!おめでとうございます。無事バンドルカードが発行されましたので、「はじめる」をタップ

ban13
発行されたバンドルカードの情報が出てきますので、「はじめる」をタップ

ban14
これでバンドルカードの発行が完了となります。この画面から携帯決済でチャージすることで、クレジットカードとして普通に使う事ができます。

ギフト券買取お申込み
お申し込み 電話する
ソクフリメニュー