携帯決済現金化ならソクフリ、各種携帯キャリア決済現金化に対応

ソクフリメニュー

携帯決済現金化ならソクフリ、各種携帯キャリア決済現金化に対応

携帯決済で現金化|即日振込専門店の【ソクフリ】
電話電話でお問い合わせ【年中無休・24時間営業】06-6585-0365
現金化とは? お申し込み

携帯料金決済現金化に有効なバンドルカードとは

バンドルカードは携帯決済現金化に有効なアプリで、ドコモユーザーはドコモのケータイ支払い、ソフトバンク、ワイモバイルユーザーはソフトバンクまとめて支払いでチャージをすることができます。
バンドルカードはクレジットカードの様なカードなのでAmazonギフト券の購入が可能です。クレジットカードを持っていない方も利用できるので、今もっとも注目されているアプリの一つです。
携帯料金決済現金化に有効なバンドルカードとは

1、コンビニチャージ

現在ローソン、ファミリーマート、サークルK、サンクス、ミニストップ、セイコーマートの6つのコンビニで利用可能です。
コンビニの発券機にお客様番号と確認番号を入力し、申し込み券を発券します。

2、クレジットカードチャージ

カード情報だけの認証よりも高いセキュリティの3Dセキュアを使ったチャージ
3Dセキュアに対応しているカードブランドはビザ(Visa)、マスターカード、JCBの3社が利用可能です。

3、ドコモのケータイ支払いチャージ

バンドルカードアプリのチャージ画面でドコモのdアカウントでログインし、ネットワーク暗証番号を入力すればチャージ可能です。
携帯電話料金の支払いとまとめることができるので、ドコモを利用しているユーザーの方におすすめの方法です。

4、ソフトバンクまとめて支払い

ドコモと同様にバンドルカードアプリのチャージ画面でドコモのdアカウントでログインし、ネットワーク暗証番号を入力すればチャージ可能です。
ソフトバンク利用者はソフトバンクまとめて支払い、ワイモバイルに利用者はワイモバイルまとめて支払いが利用できます。

5、ビットコイン

Coincheckのアプリや他のウォレットアプリと連携してビットコインの円建てチャージが可能です。
送金先アドレスの自動入力に対応しているアプリはlockchain, Bitpay, Copay, Breadwalletとなっています。上記アプリだと入力の手間も省け簡単にピットコインでのチャージか可能です。

6、ネット銀行

ネットバンキングに対応した全国の都市銀行、信用金庫からチャージ可能です。

7、Pay-easy(ペイジー)

ペイジー対応の銀行ATMから現金でチャージできるので、クレジットカードを持っていない方も安心のチャージ方法です。
ゆうちょ銀行のATMはペイジー対応なので、ゆうちょ銀行をよく利用される方におすすめのチャージ方法です。

不正利用防止の為に、1回あたりのチャージ額は3万円で、月間チャージ額は12万円までの制限があります。
基本的にはアプリ利用料は無料ですが、チャージする際に手数料が掛かります。5000円以下は300円、6000円以上の場合は6%となっています。20000円チャージする場合は21200円となります。
アマゾンギフト券をはじめてバンドルカードで購入する場合は、注意が必要です。
はじめて利用するカードの場合、カードの有効性のチェックをする為に、一時的に残高から1円が引かれた状態となります。これが「1円オーソリ」と言われる現象です。後で戻ってくるのですが、数日~45日ほど掛かります。例えば20000円チャージしていた場合、戻って来るまで残高は19999円となってしまうので、20000円分のAmazonギフト券は購入出来ない状態となってしまいます。19999円以下は決済可能ですので、19000円のアマゾンギフト券は購入することが可能です。予定金額より多くチャージしておく事をおすすめします!
オーソリはAppleIDやGoogleアカウント、Paypal等でのクレジットカード登録の際にも発生します。

バンドルカードのチャージ方法を紹介しましたが、新しくポチっとチャージという機能が追加されました。ポチっとチャージは1回20000円まで利用でき、急にお金が必要になった時にアプリでポチっとするだけでチャージ可能、支払いは翌月末までにコンビニで支払う画期的なサービスです。手数料として10000円までは500円、10000~20000円は800円掛かります。
バンドルカードの利用方法は多種多様なので、急な出費が重なった際は利用手段の一つとして覚えておいて損はないでしょう。

現金化申し込み
お申し込み  電話する
ソクフリメニュー