スマホ決済現金化

スマホ決済現金化ならソクフリ

スマホ決済現金化

スマホ決済現金化とは、スマートフォンに搭載されている携帯キャリア決済枠を使い、お使いのスマートフォンを操作する事で、即日現金化を行う一連の流れをスマホ決済現金化といいます。

 

スマホ決済現金化とは?

 

ガラケーが主流だった時代からある、おサイフケータイの進化版のスマホが発売された当初からあるモバイル決済の進化版がスマホ決済となります。

昔からある記憶に新しい、ニュースappleが発表したiphone7から導入された、applepayもスマホ決済の一つとも言えるでしょう。

 

スマホ決済とはデジタルコンテンツと呼ばれる電子書籍やスマホのアプリ、ネットショッピングの代金を携帯料金に合わせて支払いができるサービスです。携帯電話にクレジットカードの機能がついたとイメージすれば分かりやすいのではないでしょうか。

スマホ決済を行っているのは携帯電話主要4キャリアです。au・ドコモ・ソフトバンク、y!mobile、この4つのキャリアが提供しています。スマホ決済は審査や申し込みをしなくても利用できる手軽なサービスです。

スマホ決済を利用して現金化する事により、携帯電話、スマートフォンを契約している方ならどなた様でも今すぐに現金を調達する事が可能となります。

※但し携帯電話料金に未納分がある場合はスマホ決済、携帯決済現金化がご利用できませんのでご注意下さいませ。

 

スマホ決済を現金化する方法

スマホ決済を使い現金化する方法は様々な方法があります。

インターネットショッピングで商品を購入し、商品が届けば、それをリサイクルショップや質屋に持っていって売却するという方法です。商品の換金率も低いし、手間や時間も取られてしまいます。

 

当店のシステムでは、現金化業界初のインターネット完結、スマホ完結、メール完結で、自宅やお出かけ先でもインターネット環境が使える環境であれば、どこでも可能になっておる最新のシステムを導入しております。

 

携帯やスマホだけで現金調達ができる!!

即日振込専門店ソクフリを利用すれば、携帯電話と銀行口座さえ持っていれば、24時間365日いつでも、即座に現金調達が可能になります。
全てのネット銀行に対応しており、営業時間(振り込み)も土日祝日深夜でも即座にお振込みさせて頂いております。

お客様のご指示に支えられ、口コミで2年連続ナンバー1を頂いております。

様々な資金調達や、現金調達の方法がございますが、当店のシステムは、携帯キャリア決済による今すぐ現金を手にするという方法になります。

携帯の決済機能はあまり一般では知られていないのですが、携帯を契約している方すべての人が使える機能になります。携帯決済での歴史は意外に古く、2005年くらいから実は知らないうちに皆さんがお使いになっている機能なのです。
その機能の一例としましては、皆さんが着メロや、待ち歌などの機能を使ったことがありませんでしょうか?月々300円を支払い、好きな歌を着信メロディにした思い出はありますよね?
毎月300円は電話料金に上乗せされて携帯会社に払っていたのですが、一体決済はどこでどのようにおこなわれているのか。
その機能こそが携帯決済機能なのです。

携帯決済機能

ちまたでは、携帯決済、スマホ決済、キャリア決済、などの様々な呼び方がありますが、一番メジャーな呼び方が、携帯決済、と呼ばれています。
決済枠は平均5万円から10万円あります。※契約期間やお支払い状況によって異なります。

当店のシステムを使い、現金調達方法は携帯決済枠を利用した即日現金化の方法になります。当店の現金調達法は平均5分で自分の銀行に入金がされているという資金調達方法になります。

しかもインターネット上で完結し、メールさえ使えれば、超簡単にできるというわけです。
当店【ソクフリ】業界最速を誇るネットバンクに対応し、5分以内にお振込みという驚異のスピードと安心感があります。
現金調達、資金調達、急な出費、急な支払い、軍資金、様々な局面で現金が必要になる時がありますが、そんな時は【ソクフリ】をご利用ください!!

 

スマホ決済現金化・キャリア別説明

各キャリアごとに概要をまとめています。ぜひご覧ください。

 

ドコモ/docomo

ドコモのスマホ決済はspモードの契約をしていれば誰でも使うことができます。
※ガラケー決済の場合はiモードとなります。

スマホ決済の限度額は契約者の年齢と契約期間によって変わってきます。個人契約20歳以上で、1ヶ月から3ヶ月目の人は月あたり1万円まで。4ヶ月から24ヶ月目の人は3万円まで。25ヶ月以上は5万円までの限度額です。数年以上の長期ユーザーになった場合は、最大10万円までの利用限度額が設定できます。

利用限度額の確認方法は「マイドコモ」→「料金通信料などの確認」です。

ドコモのキャリア決済は「SP モード決済」と「ドコモケータイ払い」と名前が2つに分かれています。SP モード決済は、スマートフォンでキャリア決済を使う場合の名前。ドコモケータイ払いはガラケーでキャリア決済を使う場合です。

利用可能額は毎月1日にセットされます。月末に限度額を全て使い切ったとしても、次の日には限度額は満額になっています。

 

エーユー/au

au のスマホ決済はau を利用している人であれば誰でも使えます。

au のスマホ決済には「au かんたん決済」と「まとめてau 支払い」と呼ばれる2つがあります。前者がスマートフォン、後者がガラケーに対応しているキャリア決済です。名前が違うだけでほぼ全く同じ機能と言っても過言ではありません。

au のスマホ決済はと限度額は20歳以上の個人契約で毎月の利用料金の支払い方法や支払い状況によって変わってきます。最低は1万円、多ければ10万円ほど。複数年使って延滞をしなければ、限度額10万円まで使えるようになります。

携帯料金の支払いを請求書払いにしている場合はキャリア決済が使えなくなるので注意が必要です。

au のキャリア決済の締め日は毎月月末です。毎月1日には利用可能額がリセットされるため、月末に利用限度枠を使い切ったとしても1日にまた満額使うことができます。

au のスマホ決済の利用金額の確認やパスワードの変更などはau ID のMy ページによって行われます。au My Page ID にログインしたらトップページにある「au かんたん決済」をタップすれば.キャリア決済における様々な設定や確認を行うことができます。

 

ソフトバンク・ワイモバイル

基本プランで契約をしている人はスマホ決済を使うことができます。

ソフトバンクのワイモバイルのスマホ決済は「ソフトバンクまとめて支払い」と「S !まとめて支払い」の2種類があります。前者がスマートフォン向けのキャリア決済。後者がガラケー用のキャリア決済です。

ソフトバンク・ワイモバイルのキャリア決済の利用限度額は年齢と利用期間によって変わってきます。満20歳以上で利用期間が長ければ長いほど、最大10万円までの限度額が設定されます。最低金額は5000円です。支払いが一度でも遅れてしまえば、キャリア決済の限度額が下がってしまうため、多くの金額を使いたいは支払いを遅れないようにする必要があります。

ソフトバンク・ワイモバイルのスマホ決済の締め日は10日・20日・月末と決まっています。これは自分が契約した時に決めている日にちです。忘れてしまった人は「マイソフトバンク」にて確認できます。仮に10日が締め日の前は9日に利用限度額すべてを使っても、11日には満額使えるようになります。

ソフトバンクのキャリア決済における様々な設定は「マイソフトバンク」のトップページにある「よく使われるサービス」の中から、「ソフトバンクまとめて支払い」を選ぶだけでOK です。

 

スマホ決済の使い方

スマホ決済を使う場合、提携サイトを選ぶ必要があります。全てのショッピングサイトやデジタルコンテンツがスマホ決済で買えるわけではないので注意が必要です。どのサイトやサービスに提携しているのかはそれぞれのキャリアの案内ページにて確認する必要があります。

スマホ決済の使い方は非常に簡単です。ヤフーショッピングを例に挙げてみましょう。ヤフーショッピングで、めぼしい商品が見つかったらカートに入れます。商品の決済画面になった時、支払方法について選ばなければなりません。その支払方法の中にキャリア決済が入っています。それを選択するだけでOK 。

これはヤフーショッピングだけではなく他のサイトやサービスでも同じです。決済方法を聞かれたときに、キャリア決済を選ぶだけで利用することができるのです。

購入した場合、その月の携帯料金に購入代金が追加されることになります。

 

まとめ

以上、スマホ決済を利用する上での基礎知識全般をまとめてみました。

今回ご紹介した情報を頭に入れておけば、スマホ決済を使いこなせることだろうと思います。

スマホ決済は非常に便利なサービスなので、ぜひ一度利用してみてください。