携帯やスマホで即日現金、ギフト券買取のソクフリ

ソクフリメニュー

携帯やスマホで即日現金、ギフト券買取のソクフリ

ギフト券買取専門|即日振込専門店の【ソクフリ】
電話電話でお問い合わせ【年中無休・24時間営業】06-6585-0365
ギフト券買取とは? お申し込み

スマホ決済とは?

スマホ決済現金化ならソクフリ

スマホ決済でデジタルギフトコード

デジタルギフトコードとは、オンライン上で購入できる商品券のようなもので、メールやLINEで簡単にお送りできるギフトになります。コーヒー等の商品と交換できるコードなどもありますが、当店がお買取りしているコードはApp Store & iTunes ギフトカード・Google Play ギフトコード・プレイステーション ストアチケット・ニンテンドープリペイド番号・Amazonギフト券(Eメールタイプ)があります。

各種デジタルデジタルギフトコードを購入する際に様々な支払い方法がございますが、今1番利用率が高いと言われている決済方法がスマホ決済です

スマホ決済とは?

ガラケーが主流だった時代からある、おサイフケータイの進化版のスマホが発売された当初からあるモバイル決済の進化版がスマホ決済となります。

昔からある記憶に新しい、ニュースappleが発表したiphone7から導入された、applepayもスマホ決済の一つとも言えるでしょう。

スマホ決済とはデジタルコンテンツと呼ばれる電子書籍やスマホのアプリ、ネットショッピングの代金を携帯料金に合わせて支払いができるサービスです。携帯電話に後払い決済機能がついたとイメージすれば分かりやすいのではないでしょうか。

スマホ決済を行っているのは携帯電話主要4キャリアです。au・ドコモ・ソフトバンク、y!mobile、この4つのキャリアが提供しています。スマホ決済は審査や申し込みをしなくても利用できる手軽なサービスです。

スマホ決済を利用してデジタルギフトコードを購入する事により、手持ちの現金がなくてもすぐ手に入ります。携帯電話、スマートフォンを契約している方ならどなた様でも利用可能で、どこでも購入できます。

※但し携帯電話料金に未納分がある場合はスマホ決済、携帯キャリア決済がご利用できませんのでご注意下さいませ。

スマホ決済で購入できるもの

スマホ決済で購入できるもの

スマホ決済は様々な場所で利用できます。

Amazonやメルカリ・Yahoo!ショッピングなど大人気インターネットショップでのお買い物はもちろん、携帯ゲームの課金や有料の動画・音楽などのサイトのお支払いにもご利用できます。

他にも各キャリアのオンラインショップでも利用でき、携帯電話のオプション品や各種デジタルギフトコードも購入可能で、自宅やお出かけ先でもインターネット環境が使える環境であれば、どこでもお買い物ができます。

携帯やスマホだけでギフト券の売却ができる!!

即日振込専門店ソクフリを利用すれば、携帯電話と銀行口座さえ持っていれば、24時間365日いつでも、即座にギフト券の売却が可能になります。

全てのネット銀行に対応しており、営業時間(買い取り)も土日祝日深夜でも即座にお振込みさせて頂いております。

実は昔からある携帯決済

お客様のご指示に支えられ、口コミで2年連続ナンバー1を頂いております。

携帯の決済機能はあまり一般では知られていないのですが、携帯を契約している方すべての人が使える機能になります。携帯決済での歴史は意外に古く、2005年くらいから実は知らないうちに皆さんがお使いになっている機能なのです。
その機能の一例としましては、皆さんが着メロや、待ち歌などの機能を使ったことがありませんでしょうか?月々300円を支払い、好きな歌を着信メロディにした思い出はありますよね?
毎月300円は電話料金に上乗せされて携帯会社に払っていたのですが、一体決済はどこでどのようにおこなわれているのか。
その機能こそが携帯決済機能なのです。

携帯決済機能

ちまたでは、携帯決済、スマホ決済、キャリア決済、などの様々な呼び方がありますが、一番メジャーな呼び方が、携帯決済、と呼ばれています。

決済枠は平均5万円から10万円あります。※契約期間やお支払い状況によって異なります。

スマートフォンやパソコンなどで購入した様々なデジタルコンテンツ(ゲーム・音楽・書籍など)やインターネット上でのショッピングなどの利用代金、月々の携帯電話の料金と合算して支払いできる決済サービスのことです。

docomoのドコモケータイ払い、auのauかんたん決済、Softbankのソフトバンクまとめて支払い、Y!mobileのワイモバイルまとめて支払いがあります。

それぞれのキャリアに契約されている方なら利用でき、契約状況や支払い状況により利用限度額が決められています。

ID、パスワード、暗証番号を入力するだけで簡単に支払うことができ、いつでも、どこでも買いたい時に簡単に購入でき利便性が高く、今非常に注目されている決済手段です。

しかもインターネット上で完結し、メールさえ使えれば、超簡単にできるというわけです。

スマホ決済・キャリア別説明

各キャリアごとに概要をまとめています。ぜひご覧ください。

ドコモ/docomo

ドコモのスマホ決済はspモードの契約をしていれば誰でも使うことができます。
※ガラケー決済の場合はiモードとなります。

スマホ決済の限度額は契約者の年齢と契約期間によって変わってきます。個人契約20歳以上で、1ヶ月から3ヶ月目の人は月あたり1万円まで。4ヶ月から24ヶ月目の人は3万円まで。25ヶ月以上は5万円までの限度額です。数年以上の長期ユーザーになった場合は、最大10万円までの利用限度額が設定できます。

利用限度額の確認方法は「マイドコモ」→「料金通信料などの確認」です。

ドコモのキャリア決済は「SP モード決済」と「ドコモケータイ払い」と名前が2つに分かれています。SP モード決済は、スマートフォンでキャリア決済を使う場合の名前。ドコモケータイ払いはガラケーでキャリア決済を使う場合です。

利用可能額は毎月1日にセットされます。月末に限度額を全て使い切ったとしても、次の日には限度額は満額になっています。

エーユー/au

au のスマホ決済はau を利用している人であれば誰でも使えます。

au のスマホ決済には「au かんたん決済」と「まとめてau 支払い」と呼ばれる2つがあります。前者がスマートフォン、後者がガラケーに対応しているキャリア決済です。名前が違うだけでほぼ全く同じ機能と言っても過言ではありません。

au のスマホ決済はと限度額は20歳以上の個人契約で毎月の利用料金の支払い方法や支払い状況によって変わってきます。最低は1万円、多ければ10万円ほど。複数年使って延滞をしなければ、限度額10万円まで使えるようになります。

携帯料金の支払いを請求書払いにしている場合はキャリア決済が使えなくなるので注意が必要です。

au のキャリア決済の締め日は毎月月末です。毎月1日には利用可能額がリセットされるため、月末に利用限度枠を使い切ったとしても1日にまた満額使うことができます。

au のスマホ決済の利用金額の確認やパスワードの変更などはau ID のMy ページによって行われます。au My Page ID にログインしたらトップページにある「au かんたん決済」をタップすれば.キャリア決済における様々な設定や確認を行うことができます。

ソフトバンク・ワイモバイル

基本プランで契約をしている人はスマホ決済を使うことができます。

ソフトバンクのワイモバイルのスマホ決済は「ソフトバンクまとめて支払い」と「S !まとめて支払い」の2種類があります。前者がスマートフォン向けのキャリア決済。後者がガラケー用のキャリア決済です。

ソフトバンク・ワイモバイルのキャリア決済の利用限度額は年齢と利用期間によって変わってきます。満20歳以上で利用期間が長ければ長いほど、最大10万円までの限度額が設定されます。最低金額は5000円です。支払いが一度でも遅れてしまえば、キャリア決済の限度額が下がってしまうため、多くの金額を使いたいは支払いを遅れないようにする必要があります。

ソフトバンク・ワイモバイルのスマホ決済の締め日は10日・20日・月末と決まっています。これは自分が契約した時に決めている日にちです。忘れてしまった人は「マイソフトバンク」にて確認できます。仮に10日が締め日の前は9日に利用限度額すべてを使っても、11日には満額使えるようになります。

ソフトバンクのキャリア決済における様々な設定は「マイソフトバンク」のトップページにある「よく使われるサービス」の中から、「ソフトバンクまとめて支払い」を選ぶだけでOK です。

スマホ決済の使い方

スマホ決済を使う場合、提携サイトを選ぶ必要があります。全てのショッピングサイトやデジタルコンテンツがスマホ決済で買えるわけではないので注意が必要です。どのサイトやサービスに提携しているのかはそれぞれのキャリアの案内ページにて確認する必要があります。

スマホ決済の使い方は非常に簡単です。ヤフーショッピングを例に挙げてみましょう。ヤフーショッピングで、めぼしい商品が見つかったらカートに入れます。商品の決済画面になった時、支払方法について選ばなければなりません。その支払方法の中にキャリア決済が入っています。それを選択するだけでOK 。

これはヤフーショッピングだけではなく他のサイトやサービスでも同じです。決済方法を聞かれたときに、キャリア決済を選ぶだけで利用することができるのです。

購入した場合、その月の携帯料金に購入代金が追加されることになります。

スマホ決済基礎知識

ドコモケータイ払い/ドコモ払い

ドコモは「ドコモ払い/ドコモケータイ払い」という決済サービスを提供しています。 ドコモの携帯電話を所有している方向けのサービスとなります。ドコモの回線契約があるスマホ、ガラケー(ガラホ)、タブレット(ipadも含む)をお持ちの方であれば、どなた様でもご利用可能です。

複数台お持ちの方などはそれぞれにご利用限度額があります。例えば回線携帯を3台お持ちの方は平均合計15万円枠がございます。

※ご利用限度額は契約年数及び携帯料金のお支払状況によって異なります。

ドコモの「d払い/ドコモ払い」とは今回、2018年4月24日より新しいスマートフォン決済のサービスである「d払い / ドコモ払い」ですが以前まで提供していた「ドコモケータイ払い」から名称が変更されました。

このd払いのシステムは最近キャッシュレス決済で話題になっているアップルペイと同じような流れとなっております。このサービスはアップルペイのようにカードを追加し、クレジットカードや電子マネーを利用して決済というような流れではなく、ドコモの料金と合算となりますので、非常に便利な機能となっております。

設定方法に関しても面倒なクレジットカード情報を入力や登録するなどの手間もかからず、本人が利用するのであればすぐに利用は可能となります。この機能が追加されたことによってインターネットではもちろん商品も買うことができ、加盟店でも後払いでの決済ができるようになりました。

キャッシュレスで決済は不安だという方も多いと思いますがドコモケータイ払い同様に利用できる枠も限られており、決済をした後も決済した料金もご確認ができるという点では安心なツールだと思います。近年ではカード型の「nanaco」とは違い、アプリ管理で決済ができる「PayPay(ペイペイ)」や「Origami Pay(オリガミペイ)」等のキャッシュレス決済システムが増えており、「d払い」の便利さで利用者も増えていくと思います。

d払いでのメリットデメリット

■d払いのメリット

クレジットカードを持ち歩かずに決済が簡単にできてしまう。
決済方法をクレジットカードにすることによって、dポイントとクレカのポイントのWでポイントを取得できる
ネット決済をする際に必要項目を入力する手間が省け、暗証番号を入力するだけですぐに決済が完了できる。携帯料金合算払いの場合はもちろん審査もいらない
ドコモ回線契約の方じゃない方でも「d払い」が利用することができる(クレジットカード決済のみ)翌月の初めに利用枠がリセットされる
■d払いのデメリット

携帯を紛失してしまうと利用できない

ドコモのポイントサービスについて

ドコモ携帯キャリア決済をした際に「dポイントクラブ」というポイントシステムがございます。こちらのポイントは利用額に応じてポイントが加算され、加算されたポイントをそのままキャリア決済にも利用することができます。このポイントシステムにもランクがございます。

そのランクに基づいてゲットできる割合やキャンペーン等で取得率も変動します。ポイントの貯め方は様々あり、今でしたらdアカウントを持っている方なら、dポイントのアプリ「dポイントクラブアプリ」をダウンロードしてアカウントにサインインするだけで、お近くのマクドナルドやコンビニ(ローソン)などでバーコードを読み取って貰い、ポイントを貯めることができます。貯めたポイントはd払い、ドコモ払いのネット決済時にポイント利用や携帯料金に使用もできます。こちらポイント獲得内容やポイントの詳細については「Mydocomo」にて確認ができます。

ドコモのキャリア決済についての基礎知識

ドコモの携帯にはキャリア決済と呼ばれる便利な決済方法があるのをご存知でしょうか?キャリア決済は様々なデジタルコンテンツや物販を購入した金額を月々の携帯料金に合算して請求される仕組みです。非常に便利であり、このキャリア決済の知名度は徐々に高くなっております。

利用方法がわからないまたはドコモショップで教えてもらっていない方、知らなかったという方も多いです。例えば、普段ゲームのアプリをプレイしていてアイテムや限定キャラを入手するために必要な課金コンテンツがあります。この課金コンテンツを購入する際に本来であればアンドロイドのケータイの場合は「GooglePlayギフト」、apple製品のiPhoneを利用されている方は「iTunesコード」が必要となりますが、このキャリア決済を利用すればコンビニ等に買いに行かなくても、キャリア決済で購入が完了してしまいます。とても便利な機能となります。

今回はこのようなシステムは知っているけれど内容がわからない方や初めてドコモのキャリア決済を使うという人のために、この機能を使いこなすために必要な情報をまとめてみました。

ドコモのキャリア決済を使うためにはドコモの携帯電話を利用しており、iモードまたはSPモードの契約をしておかなければなりません。ドコモの携帯キャリア決済は「d払いまたはドコモ払い(旧名:ドコモケータイ払い)」「SPモード決済」と呼ばれるもの。※「SPモード決済」については他ページにて紹介しております。

ドコモケータイ払いで使った料金は月々の使用料と合算して携帯料金と一緒に後払いで請求されます。ドコモケータイ払いをする際、特に審査はありません。事前に設定された限度額まではいつでも使うことができるのです。

限度額は年齢と契約期間によって決まり、個人での契約20歳以上で、利用期間が1ヶ月から3ヶ月であれば、月1万円まで利用することができます。4ヶ月から24ヶ月目では3万円、25ヶ月以上では5万円または3万円までと限度額が決まっています。それ以上の長期ユーザーは利用状況によっては最大20万円まで増額されるケースも見られます。

この条件は支払いが遅れていない事が大前提です。つまり月々の支払いが何度か滞っている場合は、5万円までの限度額の条件を満たしていたとしても1万円までと制限されてしまうのです。

ドコモケータイ払いの限度額は自分で何円まで使っていいのか設定することができます。限度額がMAX 5万円の人が1万円しか使わないと思うのであれば、その場ですぐに上限1万円と設定できるのです。また逆に、1万円に設定したあとにもう少し使いたいと思った場合はすぐに5万円に引き上げることができます。

稀に上限があるのに低くなっている場合もありますので、ご自身の利用可能額をご確認くださいませ。

このサービスを利用する際に必要なのは「dアカウント」となります。アカウント情報(パスワード等)がわからない場合は決済ができませんので事前にそちらもご確認くださいませ。

この上記のサービスですが2018年4月よりサービスを開始した「d払い / ドコモ払い」は「旧ドコモケータイ払い」の内容に追加された機能があります。インターネット決済のみに特化していたドコモ携帯 キャリア決済でしたが、ドコモケータイ払いの利用枠内で街中のコンビニや加盟店等で支払いができるようになりました。支払いのやり方は「d払い」のアプリを利用し、アプリ内にある表示されたバーコードまたはQRコードをコンビニ等のPOSレジや決済する端末で読み取ってもらい決済に進みます。こちらのサービスは上記同様に後払いとなります。キャッシュレス決済に加え、dポイントも自動加算されます。お金を持ち合わせていない時などに非常に便利な機能となります。

ドコモキャリア決済の設定方法

ドコモのキャリア決済の利用限度額確認やパスワード、それに伴う諸々の設定変更は以下のような段取りを行ってください。

1.「dメニュー」
2.「My docomo(お客様サポート)」
3.「料金・通信量などの確認【料金の確認の一覧を見る】」
4.「商品など購入履歴の確認【決済サービスご利用明細(SPモード決済・ドコモ ケータイ払い/dケータイ払いプラス)】利用する」
5.「ネットワーク暗証番号を入力」→「電話料金合算払い【限度額設定変更】」

auかんたん決済とは

auは「auかんたん決済」という決済サービスを提供しています。
auの携帯電話を契約している方向けのサービスとなります。
auかんたん決済とは、auの決済を使いKDDIが運営しているオンラインショップで商品を購入出来る便利なサービスです。
auの携帯電話やタブレットをお持ちの方でしたら誰でも可能で、5,000円~100,000円の枠があり、もちろん審査なども一切ありません。
※auウォレットカードについては他ページにて紹介しております。

auかんたん決済についての基礎知識

au にキャリア決済と呼ばれる便利なサービスが搭載されているのはご存知ですか?この決済を使えば、スマートフォンのアプリを購入したり、アプリ内課金、音楽のダウンロードをするためにわざわざコンビニにプリペイドカードを買いに行かなくても済みます。今回はau のキャリア決済の使い方について詳しくご紹介していきます。

au のキャリア決済は「au かんたん決済」と呼ばれています。電子書籍などのデジタルコンテンツ、iTunes の音楽、Google Play やアップルストアのアプリなどの代金を月々の携帯料金と合算して一括で支払うことができるサービスです。もちろんデジタルコンテンツのみではなく、楽天ショッピングやYahoo!ショッピングAmazonなどの大手WEBモールや各種お買い物ができるサイトでも利用できる場所が増えてきました。最近ではiPhoneユーザーの方はApplePayを利用しコンビニ等でも現金を使わない方も増えてきております。

Suicaのデジタルカードを登録、連結しておけば電車に乗るのも現金がいらなくなりました。技術革新のおかげでリアルにキャッシュレスシステムが身近になってきてますね!

ちなみに決済サービスではドコモに少し遅れを取っていたauですが2019年4月よりQRコードでの決済サービスである「auPAY」を展開していくことを発表しました。こちらのサービスは楽天と提携しており、全国約120万箇所の加盟網をKDDIに提供することも決定しております。設置店が少なく利用ができないということが無いのは、利用するユーザーにとっては非常にありがたいです。今回のKDDIと楽天の提携を機に各種サービスの相互利用とキャッシュレス社会の実現、ユーザーの利便性の向上を掲げている模様です。

毎月au かんたん決済の利用限度枠はあらかじめ決まっています。個人契約で20歳以上の場合、毎月の利用料金・支払方法・支払状況に応じて1万円から10万円まで変動するのです。

au の携帯やタブレットを長く使っている、一度も支払いを滞ったことがないという人は限度額10万円を実現している人も少なくありません。しかしau の携帯を6年以上使っているにもかかわらず、1万円だという人もいるでしょう。それは、過去に月々の支払いが遅れたことがあるからかもしれません。au から見て「優良なお客さん」と思われる人には携帯払いの利用限度額も多くなるのです。あまりにも返済が滞っている人は1万円どころか、1円も使えないという場合もあります。

携帯払い限度額の上限を上げるには地道に利用実績を積み上げていく以外に方法がありません。稀にサポートセンターに連絡し限度額を上げてもらえた方もおられるみたいですが、増額はほぼ無いと思っていた方がよさそうです。

かんたん決済を使いたいと思っている人は月々の支払の遅れには気をつけなければなりません。支払い忘れをしないために一番有効な方法はクレジットカード払いにすることです。こちらならクレジットカードが停止しない限り支払いを忘れることはありえません。銀行口座からの引き落としでも問題はございませんが、給料が入金される口座と支払い用銀行口座が別の場合、ついつい忘れてしまう可能性もありますよね。また、毎月末の携帯料金の支払いを請求書払いにしている人はau かんたん決済を利用できないケースが確認されています。

また、支払いを遅れてしまった場合は70000円あった利用限度額が即座に10000円に下がるわけではありません。基準は不明ですが20000円減額された方も居れば40000円減額される方もおり様々です。この減額の理由はサポートセンターに聞いても教えていただけません。支払いの遅れがあってから通常通り数か月支払いをすれば元に戻る模様です。しかし何度も遅れて支払いをしていると利用限度額が元には戻らないこともあるので注意が必要です。

auかんたん決済の使い方

au かんたん決済を使うためにはどうすればいいのでしょうか?まずはau IDを取らなければなりません。au ID はスマートフォンに機種変更および新規契約した人は店舗にて設定します。基本的には自分で何もしなくてもすでに取得しているのです。IDとパスワードがわからない人は契約した時の書類を確認すれば記載しています。au IDを確認できればあとは簡単です。以下の段取り通りにすれば利用することができます。

1.au かんたん決済が使える提携サイトでau IDログインボタンをタップします>
2.au ID とパスワードを入力してログインします。
3.クレジットカードで決済するのか、auかんたん決済で決済するのかなど決済方法が表示されます。必ずauかんたん決済を選びましょう。
4.暗証番号の入力を求められます。これを入力して購入をタップ。 (暗証番号はauを契約した時にショップで決めたネットワーク暗証番号です)
購入に使った費用は、その月の携帯代の費用に一緒に組み込まれることになります。au かんたん決済はau IDとパスワードを入力できる状況にあればいつでも使えます。難しい設定の必要はありません。

自分がどれだけ利用限度額を持っているか確認したい場合は、au ID のマイページにログインしたら確認できます。限度額が10万円設定されているけど、携帯課金やデジタルコンテンツを勢いで10万分使ってしまいそうで怖いという方は、利用限度額を自らの意思で抑えることもできます。それらも全てau ID のマイページで設定できます。マイページでは当月の利用額を確認することもできます。使いすぎていないかのチェックにも使えるのです。しかし、利用限度額が残っているにもかかわらず利用ができない場合が多々ございます。その際は公式サポートセンターにお問い合わせいただけますようお願いいたします。

ソフトバンクまとめて支払いとは

ソフトバンクは「ソフトバンクまとめて支払い」という決済サービスを提供しています。

ソフトバンク携帯をご利用の方は「ソフトバンクまとめて支払い」というサービスがございます。複数台お持ちの方などはそれぞれにご利用限度額があります。例えば3台お持ちの方は平均30万円枠がありますので、30万円のソフトバンク決済枠がある事になります。ソフトバンクまとめて支払いのご利用限度額は、契約年数が3か月経過すると満20歳以上の方であれば、一気に100,000円に跳ね上がるのが魅力的ですね。

※お客様のご契約年数及びお支払状況に応じて限度額は異なります。詳しくはソフトバンクカスタマーセンターにご連絡頂くか、ソフトバンク公式ホームページをご確認下さいませ。

例外ですが人によってはご利用可能枠が200,000円ある方もいらっしゃいます。

SoftBankにはデジタルコンテンツやネットショッピング、映像・音楽配信サービス、アプリケーション購入などの購入費用を月々の電話料金にまとめることができるキャリア決済という機能があるのをご存知でしょうか?ソフトバンクを長年使っている人でも、キャリア決済があることを知らない人は多いです。キャリア決済は非常に便利なサービス。使いこなすことができれば、今以上に便利なスマホライフを送ることができるでしょう。そんなソフトバンクのキャリア決済について、今回は詳しくご紹介していきます。

ソフトバンクまとめて支払いについての基礎知識

ソフトバンクのキャリア決済は「ソフトバンクまとめて支払い」と呼ばれています。スマートフォンで購入したデジタルコンテンツと呼ばれる電子書籍、ネットショッピング代金、Google Play やApple Storeのアプリ、iTunes の曲などの購入代金を月々の携帯料金にまとめて支払うことができる便利な決済サービスです。ソフトバンクまとめて支払いの利用限度額は今までソフトバンクの携帯電話を使ってきた利用期間によって変わってきます。満20歳以上で利用数ヶ月の場合は5000円ほどの金額になります。長期間の利用になれば最大10万円の限度枠が設定されるのです。しかし、注意が必要なのはソフトバンクを長年利用してきているとはいえ、10万円にならない人もいるのです。なぜその人たちは限度額が10枚にならないのでしょうか。それは、支払の延滞をしてしまっているからです。支払が安定しない人は、ソフトバンクまとめて支払いの限度額も少なくなってしまいます。ソフトバンクを5〜6年使っているという人でも延滞を繰り返していれば、1ヶ月当たりの限度額が1万円に設定されることもあります。

ソフトバンクまとめて支払いの設定方法

ソフトバンクまとめて支払いの締め日は10日、20日、月末のいずれかです。締め日は人それぞれ違います。締め日を過ぎることによって限度額はリセットされます。例えば、10日が締日の利用限度枠1万円の方の場合、9日に1万円を使ったとしても2日後の11日にはまた1万円が使えます。ソフトバンクまとめて支払いを使う際、審査や設定は必要ありません。スマートフォンやパソコンでショッピングをする場合、購入代金の支払い方法はどれを使うのかという設定画面が必ず出てきます。それを、ソフトバンクまとめて支払に設定すればいいのです。設定した後にパスワードを入力すれば決済が完了します。利用限度額を調整・パスワードの設定などは【My ソフトバンク】→【人気のメニュー】→【ソフトバンクまとめて支払い】を選択するだけでOK。様々な支払を後払いできるにもかかわらず.特に難しい設定をすることなくすぐに使えることができます。これは便利である反面、悪用されやすいと言っても過言ではないでしょう。定期的なパスワードの見直しが必要です。

Y!mobileまとめて支払いとは

Y!mobileは「Y!モバイルまとめて支払い」という決済サービスを提供しています。

Y!モバイルをご利用の方も「ソフトバンクまとめて支払い」を利用できます。

Y!モバイルをご利用の方は上記に記載しております、ソフトバンクとやり方は同じとなります。ご利用した代金は、翌月の電話料金と合算の請求となります。ワイモバイルもソフトバンク同様限度額が100,000円まであるのが魅力ですね♪

格安スマホ・格安SIM・MVNOに乗り換えたら、今まで使っていたまとめて払いのサービスが使えなくなった!とお客様からお問合せいただくことがございます。ワイモバイルは格安スマホの中で唯一当店を利用することができるキャリアです。

以上、各キャリア決済の利用方法についてご紹介しました。キャリア決済を利用することができれば、現金を使うのは少し面倒くさいなというこまごました支払いを携帯料金に求めることができます。これは非常に便利です。利用限度額が設定されているため、使いすぎることもありません。今回ご紹介した内容をもとに試しては失敗することもないでしょう。

その他注意事項

※1 只今、wi-fiを利用したドコモ キャリア決済ができませんのでモバイル回線で操作して頂く流れとなります。

※2 キャリア決済の時に必要なパスワードがわかならい場合は、カスタマーセンターにお問い合わせしていただき、再設定または再設定の案内となると思いますのでご確認くださいませ。

お振込先の銀行について

以前までは地方銀行が翌営業日反映が多かったのですが現在ではネットバンクが無くても、2018年10月9日より導入された、24時間着金対応の銀行間ネットワークシステム(モアタイムシステム)を導入している銀行であればお振込しての着金確認できる時間が銀行システムメンテナンスを除いて24時間可能となりました。対応銀行以外は以前と同様となりますので対応銀行か確認くださいませ。

まとめ

以上、スマホ決済を利用する上での基礎知識全般をまとめてみました。

今回ご紹介した情報を頭に入れておけば、スマホ決済を使いこなせることだろうと思います。

スマホ決済は非常に便利なサービスなので、ぜひ一度利用してみてください。

ギフト券を高価買取|即日振込専門店の【ソクフリ】のTOPへ戻る/a>

ギフト券買取お申込み
お申し込み 電話する
ソクフリメニュー